スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリスマ獣医に頼るしかない・・・

最初の病院でてんかんと診断を受け「フェノバール」を処方されるも
発作の回数が日に日に増え・・・
「10日後に来てください」との事だったけれど、
この状態で10日後には益々悪化してしまう・・・

お散歩仲間に
「てんかん」に鍼灸治療がいいと聞いて
熱い中クゥちゃんを連れて行くも、てんかんではない別の病気の可能性を指摘され
まずはMRIを撮った方がいいとの助言を受け・・・

てんかんと診断した病院に連絡を入れ相談をすると
「MRIの検診が出来るセンターに紹介状を書くから明日来てください・・・」

との事でしたが・・・
今この状態で、小さい体のクゥちゃんが全身麻酔のMRIに耐えられるのだろうか?
MRIを撮ったとして、「てんかん」と診断した病院に正確な治療判断が出来るのだろうか?

と、考えると不安がどんどん大きくなり・・・

近所の動物病院ではなく、もっと専門的な治療が出来てクゥちゃんの状態を観て
的確な判断と納得のできる説明をしてくれる医者はないか・・・?


ネットで必死になって調べていたら
旦那さんが「もうこれは、あそこの病院しかないんじゃない?」と呟いたんですよ☆

・・・あそこの病院???

「あ~~~っ!あそこね~~~!!
そうだよ!あそこの先生なら納得した診断をしてもらえるはずだよ~~~♪」

ってことで、早速問い合わせてみると
色々と丁寧に状況を聞き出してくれて
「すぐ来てもらってかまいませんよ☆」との事。

早速、電車とバスを乗り継いで行ってきました。


あそこの病院とは・・・・
私の実家の近くにあり
病院の1Fには「ランボルギー二」や「フェラーリ」が置いてある病院

野村獣医科vセンター

です。情熱大陸で放送されたりしたから知ってる方も多いと思いますが・・・
わたしも、先生の放送の時にたまたま観ていて
先生の動物に対する愛情と仕事への情熱に胸を打たれた一人です。


この病院は、、、、

とにかく凄い!!

今まで何軒も動物病院にはいきましたが、こんなにこだわりぬかれた病院はなく・・・
何もかもオープンにしている院内にビックリ☆

私が行った時は、ねこちゃんのOPの最中で・・・
ガラス張りのOP室は飼い主さんだけでなく、私たちも自由に見れるようになっているのです!

診察室も壁で仕切ることなく、他の患者さんにもわかるような状態で・・・



到着した時、野村先生はOP中で女医さんが対応してくれましたが
今まで行ったどの病院の先生よりも
時間をかけて様子を観察してくれて、私の話を聞いてくれました。

女医さんの診察の後にロビーで待っていると
OPが終わったばかりの野村先生が現れてお話をしてくれました。

今まで行ったどの病院よりも
説得力のある納得する説明をしてくれて・・・

クゥちゃんはこの病院にお願いするしかない!!

と思いました。


今日で3日目になりますが、日に日に発作の回数が減ってきています♪
今日も夕方涼しくなってから病院に連れて行きます☆


長くなりましたので、今日はこの辺で・・・。


最後に、
Cさん、応援メッセージをありがとう(涙)
色々焦らず、今はクゥちゃんが快方に向かう事を願って
出来ることをやってあげたいと思ってます^^
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。